碧音papa’s BLOG

首都高・資格取得・人生経験etc 結局はタダの雑記ブログです

映像・読書感想

8 何者

直木賞受賞作 今回は文庫ではなく、映像で拝見しました。実はHuluに加入しました。沢山の動画コンテンツサービスの中でも一番安価だというのが決め手でした。で、休日でしたので見てみました。 沢山タイトルがあるので適当にザッピングしていてコレが気にな…

7 疾風ロンド

ブックオフで108円でした。言わずと知れた東野圭吾さんの作品。映画化もされています。私は映画は見ていないのですがオススメの棚にあったので読んでみました。400ページほどを一晩で読み切ってしましました。やはり売れてる作家さんは「読ませる文章…

6 寅さんシリーズ

不惑を前に初めて寅さんシリーズを鑑賞しました。 前もって言っておくと、正直 時代劇なのかな?と勝手な先入観を持ってました。 小さいころにロードショーをやっていた記憶ぐらいしか無くて、これまでの人生で全くの無縁・一番距離の遠かった世界でした。で…

4 FRIED DRAGON FISH

フライド ドラゴン フィッシュ 私が今までで最も視聴した回数の多い映画です。 100回以上は見ており、一時はセリフも全て覚えていました。 当時観たのは公開後4年経過していたのですが、それでも世界観に古さはなく前衛的な良い作品でした。流石に今見る…

5 手紙

手紙 テレ東 東野圭吾原作のTVドラマを見ました。 今まで余りTVを見ることがなかったのですが、最近よく見るようになりました。 目の肥えた方なら、なんとも思わないような普通の内容なのかもしれませんが 私には、久々にTVを見たということもありとても素晴…

3 仕事算

学研 当ブログでも何度も述べていますが、私自身ほぼ勉強をしてこなかったので学力は無いです。中でも特に算数が苦手です。 ですが、会社とは営利を目的として組織体なので当然利益を生まなければなりません。ただ机に座っていれば給料が入ってくることなん…

2 産業革命以前の未来へ

野口 悠紀雄 今まで、学校での勉強は殆どしてこなかったので「産業革命」といわれても、イギリス・・・しか思い浮かばず、それからの水平的な連想など全く生まれません。 ですが、そんな私でも当著は読みやすく、今後の自分が進まなければいけない道を照らし…

1 桜の首飾り

千早 茜 私の好きな作家のひとり 千早 茜の一作です。 他にも、男ともだち も良い作品です。今回紹介する本は短編集です。 春の狐憑き 白い破片 初花 エリクシール 花荒れ 背中 樺の秘色です。 どれも、言いたくても中々言えない、ましてや言葉で表現するの…