碧音papa’s BLOG

一回受けて落ちたから判る資格対策や、一度働いたからこそ判る職業の実情、他にも日常会話でサラリと使えたら格好いい慣用句や、目指せ自炊で月一万円‼️‼️など 後は日々の些末で不幸な出来事……………要は雑記ブログですね。長文失礼しました↓↓↓↓↓

【悩み】転職後の立場での葛藤

f:id:aotopapa:20190216153547j:plain

今までの自分の立場が恵まれてた人ほど葛藤

昨日まで散々パラ書き綴ってきました職場での偏屈な上司の話し。

でも、そのままでは私がモンスター的な部下と受け取られかねないので少し私の話も。

以前の立場
  1. 300人ほどの中所企業の課長職
  2. 30代前半 既婚の子持ち 
  3. 部下は最盛期で50人ほど。
  4. 年収は600万弱
  5. 年間売り上げ目標10憶
  6. 毎月1000万の予算の権限

と、こんな感じです。ですので年齢もスペックも様々な部下・同僚とも仕事にあたってきたので大体の上司とはこうあるべきとうのは自分の中で確立しています。

意識高い系の本を読んだ知識でもなく、周りから聞いたこぼれ話ではなく、実体験として10年ほど管理職の任に就き得た実体験に基づく経験則です。

勿論失敗も成功もありました。体感的には失敗が多かったですね。でもその分、学ぶことも多くありました。上司の立場として悩むことが多く、家族にも迷惑をかけてしまったことも多数ありました でも、充実していました。            ですが、保守的などちらかと言えば旧態依然的な企業でしたので、時代は変われどそれは東京での話。私がいたところでは学歴フィルターが罷り通り、やはりこのまま勤めていてもそこそこの給料で65歳まで人生を食いつぶされると思い辞めました。朝6時から夜22時が定時みたいなもので、休みも休みでないというか、緊急時の対応を上司として求められるものですから正月も1日~1日半かな?休んだのは。でも当時は全く疑うことなく信じて勤めてきましたが年齢を重ねると見えてくる景色も異なってきます。自分の貴重な時間が上手に企業に搾取されているだけに感じ。今までの基礎経験の食いつぶしというか自己の成長や基礎スキルを伸ばしていくという雰囲気ではなく出る杭はうつのが至極当然のような感じになっていたので・・・止む無く。

転職先の会社

で、今の会社です。旧態依然として考え方を変えられないアラフィフの従業員て多いんですよね。別に私はPCにも詳しいわけではないですし、どちらかと言えばアナログ的な思考回路の持ち主ですが、やれ、稲盛和夫さんだ、松下幸之助さんだ等と著名な超A級の経営者の方々の指南書を読み、セミナーを受けただけで自分ももう、経営者側の視点に立ってるから!との勘違いした思考の方(まぁ、うちの上司ですが)と話すと辟易します。

分からんではない分、疲れます。多分彼らはもう二度と呪縛から逃れられないんだろうなと思います。でも逃れられないのが幸せだとも思います。真実を知らない方が良い事もありますし。人それぞれ人生訓も異なりますし。でも、それぞれ違うのだからやはり自分の尺度を部下に押し付けるのは間違っています

ココだけは声を大にして言いたいです。

間違ってるよ、お前

 

では。