碧音papa’s BLOG

一回受けて落ちたから判る資格対策や、一度働いたからこそ判る職業の実情、他にも日常会話でサラリと使えたら格好いい慣用句や、目指せ自炊で月一万円‼️‼️など 後は日々の些末で不幸な出来事……………要は雑記ブログですね。長文失礼しました↓↓↓↓↓

ガス管の配管の違い

今度はガス管です。多々違う所があったのでしたためます。

  1. メーターの位置::屋外にあるのは寒冷地でも東京でも変わりないのですが、なんせ低い低い。足元の高さにあり。間違ってブツかって感震装置働いて供給不良にならないんだろうか?不思議に思います。      でも、便利ですよね。低い位置なら施工しやすいですし、更に管自体の材質もフレキ菅だから楽に取り回しできますよね。支持もサドルだけですので。簡便且つスピーディーです。検針も楽ですよね。数字が見やすい。
  2. 給湯器::::::基本的に外にあります。だから騒音もないですし、排気もイチイチ屋外に排出する理由がないから不要だし、各種配管も楽に取り回せますし、交換作業の際も室内養生の必要もないので雑費コストも余りかかりませんし。万が一漏水しても被害も室内ではなく室外なので甚大なモノにはならないですし。良い事づくめです。
  3. コンロ::::::これも楽。ガス栓が小さいですね。しかも、検査孔ついてるから楽に且つ安全に検査できますし。

まとめ

エネオスがCMで都市ガスも始めたとありました。自由化が久しい昨今、やっと都市ガスも一般家庭向けの自由化が進みそうですね。こっちなら確かに楽ですよね。敷居も寒冷地よりは低そうなので。

とりあえず、ガス施工に関しては思ったほど違いがないので戸惑いなく施工にあたれそうです。次は何で戸惑うかわかりませんが、その際はブログでアップします。

では。