碧音papa’s BLOG

一回受けて落ちたから判る資格対策や、一度働いたからこそ判る職業の実情、他にも日常会話でサラリと使えたら格好いい慣用句や、目指せ自炊で月一万円‼️‼️など 後は日々の些末で不幸な出来事……………要は雑記ブログですね。長文失礼しました↓↓↓↓↓

6 寅さんシリーズ

不惑を前に初めて寅さんシリーズを鑑賞しました。

前もって言っておくと、正直 時代劇なのかな?と勝手な先入観を持ってました。

さいころにロードショーをやっていた記憶ぐらいしか無くて、これまでの人生で全くの無縁・一番距離の遠かった世界でした。でも、見てみると全く違う!勝手に吉本新喜劇をTVで初めて見た時と同じ印象を受けました。多分日本で私だけですね。この感想を持ったのは。。。怒られますね。すみません。

予定調和

そう、予定調和なんです。

恐らく寅さんシリーズも吉本新喜劇も双方ともこれがあるんです。水戸黄門なんかも私の中では一緒。安心感  それもカナリ大きな「安心感」 これが日本人のDNAに組み込まれてるのかな?見ると今までの嫌悪感は払しょくされ見入ってしまいます。面白い。なんか癒されてしまいます。今はこういった類の映画ってあるのかな?ユーチューブでも予定調和ありきの動画ってないですよね?あえて逆のリアルを追及してるからなのかな?それも面白いコンテンツですが、やはり年齢を重ねてくると実体験より予定調和ありきのコンテンツを安心してみたい。個人でというよりはみんなで同じものを共有したい気持ちが強くなります。ココでは敢えて寅さんシリーズの内容は書きません。ですが今まで私のように食わず嫌いだった方には見ていただきたいと思います。意外と面白いですよ。先入観なしに見ると本当に良い。時代劇でなくデパートやエレベーターとか出てきたんで現代劇でした。

かなり、偏ったイメージがあったので最後にコレだけは言わせてもらいました。

では、また