碧音papa’s BLOG

一回受けて落ちたから判る資格対策や、一度働いたからこそ判る職業の実情、他にも日常会話でサラリと使えたら格好いい慣用句や、目指せ自炊で月一万円‼️‼️など 後は日々の些末で不幸な出来事……………要は雑記ブログですね。長文失礼しました↓↓↓↓↓

7 疾風ロンド

ブックオフで108円でした。言わずと知れた東野圭吾さんの作品。映画化もされています。私は映画は見ていないのですがオススメの棚にあったので読んでみました。400ページほどを一晩で読み切ってしましました。やはり売れてる作家さんは「読ませる文章力が凄まじいですね。おこがましいようですが。すみません。

あらすじ

ざっくりいうと炭疽菌がテーマです。生物兵器。もうこれだけで最初はザザザッと読み込めました。あとはサラリーマンの保身に走る女々しさ。共感できる分切なくも読み込み要素にはなりました。でも読んで中盤位になるとあれ?との疑念が湧きました。もう残り半分を切っているのに(文庫だから残り頁数を視覚的に判断できますよね。WEB上なら経験できない感覚ですが・・)既に物語も佳境なのになかなか進まない。ずっと炭疽菌を追ってる場面。。それが返って興味を惹かれました。残りの少ないページ数でどう。帰結していくのかに興味が移りました。で。最後には・・・・・

まとめ

あ~こうゆうラストかぁ。と話の持ってき方に驚嘆しました。色々な構成があるのだなと改めて。今のご時世を鑑みて老後も働かなくてはならない個人の時代だからこそ、小説家という職業に憧れるかたも多いと思います。私もその一人です。そのうえでトテモ勉強になりました。もっと色々な本を読んで不惑を迎える前に一度はオリジナルの書籍を出してみたいです。その時はブログに書き綴ります。

私自身、楽しみに日々 ネタを溜めていこうと思います。

では、次回も恐らく東野圭吾さんの作品になると思いますがその時まで。