碧音papa’s BLOG

一回受けて落ちたから判る資格対策や、一度働いたからこそ判る職業の実情、他にも日常会話でサラリと使えたら格好いい慣用句や、目指せ自炊で月一万円‼️‼️など 後は日々の些末で不幸な出来事……………要は雑記ブログですね。長文失礼しました↓↓↓↓↓

【資格】第一種電気工事士 1

f:id:aotopapa:20190321093748j:plain

今回用いる参考書


今日から新たな資格。

表記にもある通り、第一種電気工事士 筆記試験勉強を開始します。

私は10年ほど前に第2種電気工事士の資格を独学で取得しましたが、

電気業界にて業務に従事したわけでもなく、設備業界にて仕事をしていましたが、コンプライアンス的に資格がただ単に必要になっただけで、それはもう無我夢中でガムシャラに勉強してマグレで取得できただけでして・・・・10年経過した今、何一つ覚えてはおりません。。。

私は何も知らない!これだけは自信を持って言えます。

要はずぶの素人です。いや、年齢を鑑みるとずぶの素人以下です。

そんなアラフォーの私でも賞味半年間の独学で第一種電気工事士取得を目指し、ゆっくりではありますが勉強していくブログです。

今後ともお付き合いの程、よろしくお願いいたします。

第一種電気工事士 筆記試験 勉強範囲

    まずは下記に今回勉強する範囲を書きだします。
①       電気に関する基礎理論          
         ①-1     ・       導体の抵抗と導電率       
             (抵抗)    
                         (導電率)  
         ①-2     ・       抵抗の接続  
                         (オームの法則)       
                         (合成抵抗) 
         ①-3     ・       コンデンサの接続       
                         (静電容量) 
                         (静電エネルギー)      
                         (合成静電容量)       
         ①-4     ・       単相交流回路(直列接続)   
                         (交流の基本回路)      
         ①-5     ・       単相交流回路(並列接続)   
         ①-6     ・       単相交流回路(電力・電力量) 
                         (力率)   
                         (電力)   
                         (電力量)  
         ①-7     ・       三相交流回路(スター結線)  
                         (三相交流) 
                         (三相交流の結線方法)    
         ①-8     ・       三相交流回路(デルタ結線)  
                         (三角決戦) ~⊿結線~   
         ①-9     ・       三相交流回路(スター・デルタ等価交換)    
                         ⊿結線からY結線への変換   
②       配電理論及び配線設計                     
         ②-1     ・       配電方式   
                         (電気抵抗) 
                         (単相2線式)
                         (単相3線式)
                         (三相3線式)
                         (三相4線式)
         ②-2     ・       単相三線式配電線路      
                         (電流の関係)
                         (電圧の関係)
                         (中性線が断線した場合)   
         ②-3     ・       電圧降下   
         ②-4     ・       力率改善   
                         (力率)   
                         (力率改善) 
         ②-5     ・       需要率・負荷率・不等率    
                         需要率    
                         負荷率    
                         不等率    
         ②-6     ・       架空配電線路 
                         (電線の弛み)
                         (支線の張力)
         ②-7     ・       屋内配線設計 
                         (幹線の太さ)
                         (許容電流) 
                         (過電流遮断機の施設)    
③       電気応用                   
         ③-1     ・       照明(光源) 
                         (光源の種類)
                         (蛍光灯の点灯回路)     
         ③-2     ・       照明(照度) 
                         (測光基礎量)
                         (点光源による照度)     
                         (平均照度) 
         ③-3     ・       電熱     
                         (電気加熱) 
                         (電熱による発熱作用)    
         ③-4     ・       電動力応用  
                         (巻き上げ機の所要動力)   
                         (ポンプ)  
                         (送風機)  
④   電気機器・蓄電池・配線器具・電気工事用の材料及び工具並びに受電設備                      
         ④-1     ・       変圧器(タップ電圧)     
         ④-2     ・       変圧器(結線方法)      
         ④-3     ・       変圧器(損失)
         ④-4     ・       変圧器(効率)
         ④-5     ・       変圧器(パーセントインピーダンス・三相短絡電流)       
         ④-6     ・       三相誘導電動機(特性)    
         ④-7     ・       三相誘導電動機(始動法)   
         ④-8     ・       同期器    
         ④-9     ・       絶縁材料   
         ④-10    ・       蓄電池    
         ④-11    ・       整流回路   
         ④-12    ・       無停電電源装置
         ④-13    ・       高圧受電設備(遮断機・開閉器)
         ④-14    ・       高圧受電設備(ヒューズ)   
         ④-15    ・       高圧受電設備(地絡継電器)  
         ④-16    ・       高圧受電設備(過電流継電器) 
         ④-17    ・       高圧受電設備(高調波)    
         ④-18    ・       高圧受電設備(主遮断装置・保護協調)     
         ④-19    ・       高圧配電材料 
         ④-20    ・       低圧配線器具 
         ④-21    ・       工具     
⑤       電気工事の施工方法                      
         ⑤-1     ・       低圧屋内配線の施設場所    
         ⑤-2     ・       低圧屋内配線の工事方法    
         ⑤-3     ・       特殊場所の工事
         ⑤-4     ・       特殊施設の工事
         ⑤-5     ・       高圧屋内配線 
         ⑤-6     ・       高圧屋側電線路
         ⑤-7     ・       高圧機器の施設
         ⑤-8     ・       架空電線路  
         ⑤-9     ・       地中電線路  
         ⑤-10    ・       設置工事   
⑥       自家用電気工作物の検査方法                  
         ⑥-1     ・       検査の目的  
         ⑥-2     ・       検査の区分  
         ⑥-3     ・       絶縁抵抗測定 
         ⑥-4     ・       接地抵抗測定 
         ⑥-5     ・       測定器の種類及び表示の種類  
         ⑥-6     ・       絶縁耐力試験 
         ⑥-7     ・       保護継電器試験
⑦       配線図                    
         ⑦-1     ・       高圧受電設備 
         ⑦-2     ・       制御回路(シーケンス制御)  
⑧       発電 変電 送電施設の構造と特性                       
         ⑧-1     ・       発電設備   
⑨       一般用 自家用電気工作物の保安に関する法令                  
         ⑨-1     ・       電器事業法  
         ⑨-2     ・       電気工事士法 
         ⑨-3     ・       電気工事業の業務の適正化に関する法律     
         ⑨-4     ・       電器用品安全法
⑩       鑑別                     
⑪       技能試験                   
のトータル11項目があります。 

用いた参考図書 

                            
 単純に第一種電気工事士といっても、これだけの範囲がありました。                 
 今回は、誠文堂新光社さんの                 
図解でよくわかる 合格へ直進! 第一種電気工事士 筆記 技能を用いて学びます。ネットではすいーっと良く判る!シリーズが人気みたいですが、さらっと見た感じコチラもよかったので。。。という理由と、

なんせ、BOOKOFFを5店舗回っても、中々参考書が見つからず、やっと見つけたのがコノ本だったというのが大きいのですが・・・悪しからず。

まとめ

                       
と、初日なんで気合を入れたつもりでしたが余りの範囲の広さに既に脱帽です。三日坊主にならないよう今日は、概要を掴むだけで終わりにします。                   
既に、軽くへこんでます。                  


         では。