碧音papa’s BLOG

一回受けて落ちたから判る資格対策や、一度働いたからこそ判る職業の実情、他にも日常会話でサラリと使えたら格好いい慣用句や、目指せ自炊で月一万円‼️‼️など 後は日々の些末で不幸な出来事……………要は雑記ブログですね。長文失礼しました↓↓↓↓↓

【資格】第一種電気工事士 2

f:id:aotopapa:20190321100346j:plain

コンデンサ 抵抗って概略するとこんな感じらしいです。。。本当かな?

 


電気に関する基礎理論    

                            
           導体の抵抗と導電率                           
           (抵抗)                            
           (導電率)                           
・ 抵抗とは電流の流れにくさを表す。                                
・ 抵抗率が大きいことは、電流の流れにくい事を示す。

・ 抵抗は長さに比例し、断面積に反比例する。                              
・ 導電率は軟銅を基準にして他と比較したものである。

・ 導電率が大きければ電流が流れやすく、小さければ電流は流れにくい                                   
         #抵抗#                                   
         抵抗≒電線を流れる電流の流れを妨げようとするもの。                                   
         単位はΩを用いる。                                 
         抵抗 R を求めるには、                                
                           L(長さ)  m                              
         R(Ω)=ρ 抵抗率 ×       A(断面積) ㎡           

         抵抗率 ρ  の求め方        

                                       A 断面積                                                               ρ = R 抵抗 ×    L 長さ      
     

         軟銅線の抵抗率は、0.0172                           
         鋼銅線の抵抗率は、0.0177  
         アルミニウム線の抵抗率は、0.0283    

・・と、長さが等しくても抵抗率が大きいと電流が流れにくい。  

又、同じ導体においては電線の抵抗は長さに比例し、断面積に反比例

                          
         #導電率#               1                   
         導電率≒抵抗率の逆数で電流の流れやすさを示す数値。

   ⇒⇒⇒ 導電率=    抵抗率   

        %導電率とは、標準軟銅を基準に他の導電率と比較したもの。                             
                 

   ①-2     抵抗の接続     

 

  •            (オームの法則)
  •              (合成抵抗)                   

                                     
・2つ以上の抵抗を一列に繋いだものを抵抗の直列接続といい、抵抗値の和で求める。                            
・2つ以上の抵抗を並列に繋いだものを抵抗の並列接続といい、抵抗の逆数の和の逆数で求める。                               
・ 2個の抵抗の並列接続の場合は  2つの抵抗の積 ÷ 2つの抵抗の和で求める。                    

         #オームの法則#                                  
  電気回路に流れる電流は、加えた電圧に比例し、抵抗に反比例。                        

         I 電流=   V 抵抗に加わる電圧                                                                                                   R 抵抗 

 

      V 電圧=   I 電流×R 抵抗        

 

   R 抵抗=   V 電圧                
                           I 電流              
         #合成抵抗#                            
         2つ以上の抵抗を組み合わせて繋いだ時の全体の抵抗のこと。                              
         Ⅰ       直列接続の合成抵抗         R=R1+R2      

2つ以上の抵抗を一列に繋いだものを抵抗の直列接続といい、抵抗値の和で求める。            
         Ⅱ  並列接続の合成抵抗  R=      R1×R2                                                                                                          R1+R2   

2個の抵抗の並列接続の場合は  2つの抵抗の積 ÷  2つの抵抗の和   で求める。   
                並列接続の合成抵抗R=           1                                    1         1                     R1      R2      R3           2つ以上の抵抗を並列に繋いだものを抵抗の並列接続といい、抵抗の逆数の和の逆数で求める。  

 例題      

        と、思って書いたのですが、非常にフォントや配置が難しく断念します。

なかなか、分数や公式をブログに図解で書くってややこしいですね。

次回以降は分かり易く例題とその、解法もSETで記載できるよう頑張ります。

まとめ

ひとまず今回は中学理科のおさらい オームの法則でした。

第一種電気工事士でもでてくるんなら、ちゃんと勉強しておけばよかった。

学生時代の勉強が役に立つ機会って中々巡り合えないですよね?

後悔先に立たず・・・失敗でした。

 

あとは、回を重ねるごとに見やすくしていきますので、初めのうちはご愛嬌として受け取ってください。なんせブログメインではなく、書くことによって自分へのインプットと資格取得が至上命題なので。。。

次回は、すこし見やすくお届けしたいです。

では。