碧音papa’s BLOG

一回受けて落ちたから判る資格対策や、一度働いたからこそ判る職業の実情、他にも日常会話でサラリと使えたら格好いい慣用句や、目指せ自炊で月一万円‼️‼️など 後は日々の些末で不幸な出来事……………要は雑記ブログですね。長文失礼しました↓↓↓↓↓

【資格取得】第一種電気工事士 3

  

www.murata.com

めちゃめちゃ分かり易かったんでリンク貼りました。

これなら、前回のような分かりづらいブログからおさらばできそうです。

 今回の学習テーマ

            
①-3    

  • コンデンサの接続         

    コンデンサに蓄えられる電荷は、静電容量×電圧によって求められる。                        

     Q 電荷 =      C 静電容量×V 電圧 

 

  • 静電容量    接続の違いによる、合成静電容量の求め方の理解 

   以上の2点を今回は深めていきます。

     そもそも、コンデンサとは?

  1. 電荷~静電エネルギー・物体が帯びている静電気の量~を蓄えたり、放出したりする受動素子のこと
  2.  コンデンサの基本は、空気や絶縁体を挟んで向かい合った2枚の金属板で、そこに電圧をかけると電機が流れる。
  3. コンデンサの働き

  電圧を安定させたり、充電や放電を行うことで電圧の変化を吸収します。                    ノイズを取り除く  電器の通り道で余計なノイズを横道にそらす。                         信号を取り出す。   直流は遮り、周波数で信号をより分けます。                                                               

               
         #静電容量#       

静電容量の求め方 図解                                     
         ・       2枚の金属製平板を平行に置いたものに電圧Vを加えると、平行板の間に電荷Qが蓄えられる。                                           
           このとき金属板の面積をSとし、平行板の間の距離をdとすると・・・・                                             
            

と色々書いたのですが、どうもエクセルで書いたのをブログにアップすると不具合が多くて見ていられません。。。

 

ですので、次回からはExcelを用いずにiPhoneでまとめて見やすくしたのをアップします、どうもすみません。

 

今回は勘弁。では