碧音papa’s BLOG

一回受けて落ちたから判る資格対策や、一度働いたからこそ判る職業の実情、他にも日常会話でサラリと使えたら格好いい慣用句や、目指せ自炊で月一万円‼️‼️など 後は日々の些末で不幸な出来事……………要は雑記ブログですね。長文失礼しました↓↓↓↓↓

【資格取得】交通誘導警備業務2級 ③

f:id:aotopapa:20190325145050j:plain

国立劇場前の桜 満開です
はしがき


春ですね。

個人的に一年の内でこの季節が一番好きです。

今年の初めに引いたおみくじから引用しますが、

 

揚柳偶春時

~柳の木も春を迎え、緑に色づくように希望も出てきます~

残花發奮枝

~古い枝にもやがて花が咲くように喜び事がくるでしょう~

と、前段の2文節ですが、浅草寺で大吉でした。。

冬の厳しい寒さのあとの桜なので喜びも一入です。

さ、4月20日まで勉強に充てられる時間は少ないのでやれるときにやりましょう。

 

過去問100題チャレンジ その2

問題

警備業法第15条の

「この法律により特別に権限を与えられているものでない事に留意する」

事の解釈について記述したが、誤りはどれか?

 

 ⁑警備業務が他人の生命、財産を守ることを主な業務としている事から警察業務と類似性は有しているものの、本質は異なる事を示している。

 

 ⁑警備業務実施に当たり、あくまで自身の判断で行われるべきものである事を注意的に規定したもの。

 

 ⁑本条に於いて基本原則を規定したのは、一般人から時として警察官の類似行為をしているように見える場合があるから注意すべきであるという事を規定したものである。

 

 ⁑本条は警備業務の性格上、警備業務の実施に際し警備員自身が行き過ぎた行為を行いがちである事から、警備業の実施の適正を図るという観点から規定されたものである。

 

 ⁑本条は、警備業務を実施するに当たり発生しがちな違法又は不当事案を防止するために義務規定としたものである。

 

◆解答

あくまでも警備員自身の自己判断ではなく、

委託先、契約先の管理権等の範囲内であることから、誤りである。

 

 

問題

警備業法第15条後段の

「他人の権利及び自由を侵害し又、

個人もしくは団体の正当な活動に干渉してはならない」

ことについて記述したが誤りはどれか?

 

 ⁑労働組合の適法な、集会やデモ行進の周辺で、大勢で長時間罵声を浴びせ、唾を吐きかける等の嫌がらせをする事は、本条に反する。

 

⁑保安警備員がデパート内で買い物中の客に対し疑うべき理由がないのにも関わらず携帯品の提示を求め搾取したものでない事の証明を求める事は本条に反する。

 

⁑ 警備員が依頼先の店前に違法駐車をしたものに対して長時間の説教をし、又は始末書の提出を求める事は本条に反する。

 

 ⁑警備員が警備業務に従事中窃盗犯人を現行犯逮捕して長時間に渡り所持品、身元について調べる事は本条に反する。

 

 ⁑警備員が不審と思われる者を発見した時

施設管理権に基づき私人として許される範囲内で質問を行うことは本条に反する

 

◆解答

⑤ 質問は、行う事はできるので誤り。

 

交通誘導警備業務の意義と重要性について記述したが誤りはどれか?

 

⁑交通誘導警備業務に従事する警備員は知識や能力に基づいた交通誘導の技術を習得し警備業務の適正な実施に努める事が大切である。

 

⁑警備業法第18条に規定する

「国家公安委員会規則で定める特例種別の警備業務」については、

検定合格警備員による警備業務の実施を求める

 

交通誘導警備業務で検定合格証明書の交付を受けている警備員を一定数以上配置すべき基準は都道府県公安委員会規則によって定められている。

 

⁑交通誘導現場の過去事例を見ると警備員の不適切な誘導によって事故が発生している事が少なからず見られるので2級検定合格警備員は、現場において部下を指導し事故防止に努めることが大切。

 

⁑警備員の誘導によって交通事故が発生した場合、例え軽微な事故でも発生責任を問われ又、警備業務の性格上、社会に及ぼす影響は大きい

 

解答

必置資格であり、配置基準は

国家公安委員会規則により定められている。

よって、都道府県としてる❸が誤り。

 

 

警備員指導教育責任者制度について記述したが誤りはどれか?

 

⁑警備業務が他人の生命、財産を守ることを主な業務としてることから、

警備業務を、適正に行うためには、

警備業務に関する専門的な知識、能力が必要な為、警備員指導教育責任者制度が法制化された

 

⁑警備業者自身が具体的な警備業務の実施にあたり指導教育を行うのを期待するのは困難な場合が多いので警備員指導教育責任者制度が規定

 

⁑警備員指導教育責任者を指定し、

日常的に業務を行わせることによって

実質的な教育効果を求めるのを目的に、

警備員指導教育責任者の選任義務を課したもの

 

⁑警備員指導教育責任者制度は、

平成16年の警備業法の改正において、

警備業務の実施に即した警備員に対する指導及び教育が行われるように改正され、その選任も警備業務の区分ごととされた。

 

警備員の指導及び教育を

犯罪情勢及び警備業務を取り巻く現状に即した最新の情報と知識及び技能を取り入れた

実践的かつ効果的なものとするために、

定期的な講習の受講義務を選任されている

警備員指導教育責任者に課したものである

 

解答

警備員指導教育責任者ではなく、

あくまでも警備業者に課せられた義務の為

❺が誤り。

 

警備員教育に関る記述であるが誤りはどれ?

 

⁑新任教育の実施時間は、警備業法施工規則によって当該警備員が警備業務に従事する迄に基本教育を15時間以上、業務別教育も15時間以上行うよう定められている。

 

⁑現任教育の実施時間は、

警備業法施工規則により前後期の教育期に於き

基本教育は3時間、業務別教育は5時間以上

の計8時間以上を行うように定められている。

 

⁑上記の教育期は、

前期が4月1日〜9月30日まで

後期が、10月1日〜3月31日迄

 

⁑2級検定合格警備員は、

新任教育、

現任教育の基本教育

現任教育の業務別教育が

免除される事が警備業法施工規則により

定められている。

 

⁑警備員教育の具体的内容については、

警備業法施工規則第38条で定められている

 

 

解答

業務別教育は免除されないよ!

 

まとめ

うん、しつこいですが今日もまだ面白い。

この分野が性にあうのか?身近で生活に即してるから腑に落ちる分面白いのか?

最近、資格勉強漬けだから、脳が慣れて面白いのか?

ま、なんにせよ楽しく取り組めるのは良い事。

とりあえず早めに100問終わらせて実施の予行練習もしなければ!

では。