碧音papa’s BLOG

一回受けて落ちたから判る資格対策や、一度働いたからこそ判る職業の実情、他にも日常会話でサラリと使えたら格好いい慣用句や、目指せ自炊で月一万円‼️‼️など 後は日々の些末で不幸な出来事……………要は雑記ブログですね。長文失礼しました↓↓↓↓↓

【資格取得】交通誘導警備員2級

f:id:aotopapa:20190331131007j:plain

またもや誘惑に負けてしまっていた・・
はしがき

連休最終日。また携帯アプリでゲームに没頭してしまった・・・

今度は実況パワフルプロ野球。。サクセスモードがやり込み要素満点で中々やめにくい。寝食を忘れて出来ちゃいます。でも、やっぱりふと、立ち止まって振り返ると何もない・・・・ これって、めっちゃ怖くないですか?

過去数時間分が皆無ですよ。コワッ。やっぱゲームはだめ。麻薬みたいに中毒性ある。

さ、勉強勉強

 過去問100題チャレンジ

問題

検定制度の概要について記述したが誤りはどれ?

*1

  1. 検定を受けようとするものは直接公安委員会が行う学科試験・実技試験を受け合格すれば資格が取れる。
  2. 検定を受けようとするものは国会公安委員会に登録をしている登録講習機関が行う講習会を受講し終了すれば学科・実技が免除され資格が取れる。
  3. 検定合格警備員に実施させなければならない特定の種別の警備業務に従事するときは“検定合格証明書”を携帯しなければならない
  4. 検定合格警備員は当該検定合格証明書に関わる種別の警備業務に従事するときは“資格ある警備員”の標章を用いなければ警備業務に従事することができない
  5. 検定合格警備員が警備業務に従事しているとき関係者から“検定合格証明書”の提示を求められたときは応じて提示しなければならない

解答

④ 標章を用いなくても警備業務には従事できる。

 

 

問題((もう既に何問目なのかわからなくなってきた))

2級検定合格警備員の使命と心構えについて妥当でないものは?

  1. 警備業務は国民生活の安全に極めて密接に係るので公共の安全と秩序の維持等に寄与するといった重要性を持っている
  2. 交通誘導警備は 警備業務の社会的使命を認識し、通行人・車両の誘導を持って交通安全を図り事故を防止する責務を担っていることに留意する
  3. 交通誘導警備業務検定2級検定合格警備員は、警備業務法第18条で定める特定の種別の警備業に配置を求めている警備員にあたる
  4. 常に自らの資質向上に努め人格陶冶を図り現場における統括管理者として警備員の統率し業務の適性を図ることが期待されている
  5. 警備員の言動の適否が警備実施の適性を図るうえで大切であり服装や態度が全体イメージにつながることに留意する必要がある。

解答 

④ あれ、前回やらなかったかな?ま、いいや。2級は統括ではなくリーダーですよ

 

 

問題

礼式と基本動作について誤りは? 

  1. 警備員の礼式は相手に対し敬意を表する作法で又、警備員の心を引き締め警備員としての規律ある行動基準でもある
  2. 啓礼は受令者が明らかに認めることが出来る位置・距離で相手に注目してもらい2人以上の上級者がいるときは、その中の最上級者に対して行う。
  3. 敬礼とは敬意を表す作法なので「真心」を込め粗略・形式的であってはならない
  4. 敬礼を受けたときは必要に応じ答礼し敬礼を行う時は受令者の答礼を終わったのを待って元に戻す
  5. 帽子着用時は挙手の敬礼を脱帽時には受礼者に向かい姿勢を正し注目後体の上部を15度傾け頭は正しく上体の方向に保つ

解答 

④ 必要に応じではなく何人に対しても必ず答礼をするので誤り

 

 

問題

礼式と基本動作について誤りは?

  1. 職務上随従する者は通常敬礼を行わない。職務上随従する者に対しても同様とする。*2
  2. 警戒勤務中は報告時を除き指示・命令があった場合でも通常敬礼を行わない
  3. 儀式に参列しているものに対しては儀式にかかる敬礼以外は敬礼を行わない
  4. 身辺警備業務に従事しているものは通常敬礼をおこなわない
  5. 現金輸送に従事しているものは通常敬礼を行わない

解答 

② 警戒勤務中でも報告・指示・命令時は通常敬礼を行う。

まとめ 

敬礼の作法って新鮮ですね。知らなかった・・2が正解なんですね。

ひつ勉強になったところで今日は終わりです。なんだか最近疲れやすい・・

春だし、引っ越して気分転換でもしたいです。

では

 

*1:交通誘導警備って6割とかの正解じゃ落ちてしまうので)、あくまでも9割が最低ライン。足切りとかじゃないんですよねぇ 厳しい だから過去問の繰り返しが重要っぽい

*2:身分の高い人に)つきしたがうこと。また、その人。 人の言うことを聞いて、それに従うこと。