碧音papa’s BLOG

一回受けて落ちたから判る資格対策や、一度働いたからこそ判る職業の実情、他にも日常会話でサラリと使えたら格好いい慣用句や、目指せ自炊で月一万円‼️‼️など 後は日々の些末で不幸な出来事……………要は雑記ブログですね。長文失礼しました↓↓↓↓↓

【資格取得】交通誘導警備員2級

f:id:aotopapa:20190401181431p:plain

新元号 令和
はしがき

新元号 決まりましたね。

なんか、普通に良いですよね。私はキレイな響きとともにシックリきてます。

カズレーザーって、本名の和礼からのモノなんですね。それもちょっと驚きました。

新時代に自分の名前が使われてるって、、時代が追い付いてきた感があって羨ましい

ま、兎にも角にも間もなく試験なんで勉強しましょう!

 過去問100題チャレンジ

問題 

服装・護身用具について誤りは?

  1. 都道府県公安委員会は警備員が警備業務を行うにあたり携帯する護身用具について規則を定めて携帯を禁止し制限することが出来る。
  2. 服装の届け出をしなかった場合・虚偽の届け出をした場合には罰金に処せられる
  3. 服装の届け出は当該警備業務開始までに国家公安委員会に届けなければならない
  4. 警備員の制服は警察官・海上保安官の法令に基づいて定められた制服と明確に識別することが出来る制服を用いなければならない
  5. 警戒棒は形状が円棒で30㌢を超え90㌢以下で重量が460㌘以下に限る

解答

③ 届け出は都道府県公安委員会なので誤り。*1

問題 

服装についての記述で誤りはどれ?

  1. 警察官及び海上保安官の制服と類似した服装を着用して警備業務を行ってはならない
  2. 警備業者・警備員の着用する服装は警察官等と明確に識別できるものではならない
  3. 明確に識別できる服装とは一般通常人が一見して警察官等と誤認しない程度に異なっている服装をいう
  4. 警察官・海上保安官の制服と異なるとは、色・形式・標章によって明確に識別できる服装をいう
  5. 服装の届け出をしなかった・虚偽の届け出をした場合は護身用具と同様の違反より重い処分が科せられる

解答

⑤処分の内容自体は一緒なのでより重い処分とかはないので。

以下に具体的な処分例が記載されているHPリンク貼ります↓

https://kigyobengo.com/media/useful/286.html 

 問題26

警備業法第18条(特定の種別の警備業務)の実施に関する記述であるが適切でないものはどれ?

  1. 本条は特定の種別の警備業務について一定の基準で検定合格証明書の「交付を受けている警備員に当該種別にかかる警備業務を実施させなければならないことを定めている。
  2. 本条の具体的な資格者の配置基準は警備員等の検定に関する規則で定められている
  3. 現在のところ、検定が行われているのは、空港保安 施設警備 雑踏警備 交通誘導 核燃料物質等危険物運搬 貴重品運搬の6種類です。
  4. 交通誘導警備業務については1級及び2級検定合格者の配置が求められている
  5. 雑踏警備業については1級及び2級検定合格者の配置が求められている

解答

④ 1級はあくまで統括管理。配置を求めているのは2級のみです。引っ掛けですね。

まとめ 

あぁ、やっぱり疲れる。最近疲れがなんか抜けない。そんな時はつい将棋アプリをしてしまう。。。。悪循環ですよね。。。なかなか抜けない。

もっと勉強に身を入れないと!落ちちゃう。。

では。

 

*1:国家公安委員会関連の問題は警備業法第18条で検定合格証明書の交付を受けた警備員の一定数以上の配置を定めているという所です。ややこしく成るところなので注意