碧音papa’s BLOG

一回受けて落ちたから判る資格対策や、一度働いたからこそ判る職業の実情、他にも日常会話でサラリと使えたら格好いい慣用句や、目指せ自炊で月一万円‼️‼️など 後は日々の些末で不幸な出来事……………要は雑記ブログですね。長文失礼しました↓↓↓↓↓

【資格取得】交通誘導警備検定2級

f:id:aotopapa:20190415135106j:plain

フライングタイガーコペンハーゲン
はしがき

先日、妻に頼まれて写真の真ん中に一個だけある青いボウルを買いに行きました。

最初は新宿店にいきましたが、店員さんがちょっと・・・だったので表参道店に行きました。でも、人気商品なのか、店頭にでてる一個しかなくて。本当は5個欲しかったのですが。。。主婦には好評みたいですね。このボウル。

デザインもそうですが、サイズや材質?なんかシリコンがザラザラしてる感じの。

次は吉祥寺店にでも行ってあれば確保したいです。

札幌にはお店自体ないので結構、持ってるだけで優越感です。

 

過去問100題チャレンジ

問題 

刑法第36条「正当防衛」に関して誤りは?

 

1 本条は、急迫不正の侵害に対して自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ない場合には実力を持って、その侵害を排除する事が出来る事を規定している。

 

2   本条の「急迫」とは権利をしんがされる危険が差し迫っている事を言う。よって、これから侵害される恐れがある場合は、正当防衛行為は認められない

 

3  本条の「不正」とは「違法」と同意である。従って正当防衛行為や緊急避難行為に対して正当防衛を行うことはできない。

 

4  正当防衛行為は、自己又は他人の権利を防衛するためのもの で、無くてはならない。

 

5  正当防衛行為は、緊急避難とは異なり防衛意思があれば防衛手段としての相当性までは必要としない

 

解答

5。

防衛手段は社会通年上相当と認められるものである無くてはならないので誤り。

 

問題34

次は、正当防衛と緊急避難に関する記述であるが誤りは?

 

1  急迫  とは権利を侵害される危険が差し迫っていることを言い単に将来侵害される恐れがあるだけの場合や、既に侵害が終わってしまった場合には正当防衛は認められない

 

2  不正  とは、  違法と同意である。従って正当防衛行為や、緊急避難行為に対して正当防衛を行うことはできない

 

3  正当防衛行為は、「自己又は他人の権利を防衛するため  」のものでなくてはならないと規定しているので、防衛意思があれば防衛手段としての相当性を必要としない

 

4  正当防衛の相対関係は、「不正」対「正」の関係にあるのに対し、緊急避難は「正」対「正」の関係にあたる。

 

5  正当防衛の「急迫」と緊急避難の「現在の危難」とは、同意であるが緊急避難は、他に避難方法があれば、その方法を取らなければならないので正当防衛より要件が厳格になっている。

 

解答

3

正当防衛の手段は、社会通年上相当と認められるものでなくてはならないので誤り。

 

閑話休題

 

正当防衛に対して正当防衛。

パラドックスっぽい。

 

緊急避難に対しての緊急避難も、、

パラドックスっぽい なんか、こうゆうテーマで一つ短編小説かけそう

 

問題35

緊急避難に関する記述で誤りは?

 

1  緊急避難は、人や物から生じた現在の危難に対して、自己又は第三者の権利や利益である生命・身体・自由又は財産を守るための行為である。

2  緊急避難は、他人がその財産に危害を加えたとしても、止むを得ずに生じさせてしまった損害よりも避けようとした損害の方が大きい場合には犯罪とはならない

 

3  緊急避難の要件に当てはまる場合でも、業務の性質上危難に立ち向かうべき義務のある者は、一般人と同じように緊急避難行為をする事は許さない

 

4  危難の原因となっている侵害は不正なモノに限らず、他人の違法でない行為や人の行為でない自然現象など、その危難を避ける為に許されるが違法性阻却事由の用件は、正当防衛と同様である。

 

5  危難を避ける為にした行為である事が必要であり、他に避難の方法があれば、その方法を取らなければならない。これを「緊急避難の補充性」という。

 

解答

4

違法性阻却事由の要件は、正当防衛より緊急避難の方が厳格になってるので、誤り。

ポイントは、

緊急避難の補充性

違法阻却事由の要件

業務の性質上危難に立ち向かう義務のある者

の、都合3点。

 

まとめ

 

最近 好きな言葉というか、目の当たりにして私の事だ!と思った言葉がアリアス

 

おためごかし

です。昔の人は、上手い良い方しますよね。 本当に。

いい言葉の意味ではないですが、私っぽいなぁと。

ちょっと反省。

おためごかし
【お為ごかし】
 
  1. 《名ノナ》
    人のためにするように見せて実は自分の利益を図ること。
     「―の意見」

では。