碧音papa’s BLOG

一回受けて落ちたから判る資格対策や、一度働いたからこそ判る職業の実情、他にも日常会話でサラリと使えたら格好いい慣用句や、目指せ自炊で月一万円‼️‼️など 後は日々の些末で不幸な出来事……………要は雑記ブログですね。長文失礼しました↓↓↓↓↓

【資格取得】交通誘導警備員検定2級

問題

歩行者が道路を横断する場合の場所について妥当でないのは?(道交法第12条)

 

1 横断歩道のある場所の付近とは、幹線道路にあっては横断歩道か、40メートルないし50メートル以内の場所と解されている

 

2  横断歩道のある場所の付近とは、幹線道路以外の道路にあっては20㍍ないし30㍍程度の距離にある場所と解されている。

 

3  上記②の適用にあたっては具体的な道路状況などから総合的に判断する事となる。

 

4  斜めに道路を横断するとは、その道路に対し直角又は15度以内の角度を持って横断することである。

 

5  交差点において、道路標識などにより斜めに道路を横断することが出来る事とされている場合      とは、車両を全て一時止め交差点の中を歩行者が自由に渡れるようにしている、いわゆるスクランブルシステムをいう。

 

解答

4

直角又は直角に近い角度を持って横断することなので妥当ではない。

ポイントは道交法第12条 

以下条文

〜〜〜

第十二条  歩行者は、道路を横断しようとするときは、横断歩道がある場所の附近においては、その横断歩道によつて道路を横断しなければならない。
2  歩行者は、交差点において道路標識等により斜めに道路を横断することができることとされている場合を除き、斜めに道路を横断してはならない。

〜〜〜

 

中々、難しい。道路に対して直角?

が、斜めに道路を横断する?え、なんで?

意味わからん。

どーしよーか。

 

まてよ、そもそも横断歩道だから、

斜めは、直角に近い………あ、なるほどね。

設問にあるように15度の浅い角度だとしたら、別に斜め横断しなくでも、なんら支障がないよね。

 

斜め横断したいということは、直角ってことじゃん。了解したー

 

問題46

 

横断の禁止場所(道路交通法第13条)及び歩行者用通路の特例について誤りは?

 

1  第13条第1項は、車両の直前又は直後における横断を禁止した規定である

 

2  上記①の「車両の直前又は直後」の「車両など」とは進行している車両をいい、停止中の車両は含まれない

 

3  横断歩道によって道路を横断する時、又は信号機の表示する信号若しくは警察官の手信号に従って道路を横断する時は上記①の規定は除外される

 

4  第13条の2の歩行者用道路とは、歩行者の安全と円滑を図る為車両の通行を禁止していることを道路標識によって表示されている道路をいう。

 

5  上記④の歩行者用道路は、いわゆる車両の通行が禁止されている間の(歩行者天国)や(通学道路)が、それに該当する。

 

解答

2

 

停止中の車両の前後も歩行者は横断してはいけない。知らなかったなぁ

目からウロコ。

 

 

ポイント

以下に条文

〜〜〜

横断の禁止の場所)
第十三条  歩行者は、車両等の直前又は直後で道路を横断してはならない。ただし、横断歩道によつて道路を横断するとき、又は信号機の表示する信号若しくは警察官等の手信号等に従つて道路を横断するときは、この限りでない。
2  歩行者は、道路標識等によりその横断が禁止されている道路の部分においては、道路を横断してはならない。
(歩行者用道路等の特例)
第十三条の二  歩行者用道路又はその構造上車両等が入ることができないこととなつている道路を通行する歩行者については、第十条から前条までの規定は、適用しない。

 

 

問題47

車両などの通行方法(道交法第17条)について、誤りは?

 

参考

〜〜〜

第1項
・車両は、歩道等と車道の区別のある道路は、車道を通行しなければならない。
以下の場合は歩道等を通行できます。
・道路外の施設又は場所に出入するため歩道等を横断するとき。
・歩道等で停車し、若しくは駐車するため必要な限度において歩道等を通行するとき
(人の乗降又は貨物の積卸しのため停車、駐車するとき)

第2項
道路に面した場所に出入りするため歩道等を横切る場合
・歩道等に入る直前で一時停止
・歩行者の通行を妨げない(歩行者を立ち止まらせたり、後ずさりさせてはダメです)
・「出入りするため」ですので道路から路外の施設に入る時、施設から道路に出る時の両方で歩道等の直前で一時停止です。

第3項
自転車以外の車両は、自転車道を通行してはならない
施設等に出入するためやむを得ないときは、自転車道を横断することができる

第4項
車両は、道路の中央から左側部分を通行しなければならない

〜〜〜 

  1.  本条第1項は、歩道などと車道の区別がある道路において、車両は車道を通行しなければならない事及び特例として、歩道を通行することができる場合について規定さしたものである。

 

2 本条でいう、「道路外の施設又は場所に出入りする為止むを得ず歩道を横断するとき」とは、道路に設けられた駐車場などに出入りするに横断以外の方法や手段がない時と限定している。

 

3 (歩道などにはいる直前で一時停止)とは道路から道路外の施設に入ろうとする場合は歩道上で一時停止しなければならない安全確認義務を課している

 

4  第2項の「歩行者の通行を妨げないように」とは、歩行者の正常な通行を妨げないようにという歩行者の優先を定めている

 

5,上記の④【歩行者の優先】とは、一時停止をし発信だが、その進路上に歩行者が入ろうとしている場合は、再びその場で一時停止する事である

 

解答

 

3が誤り。

理由は、

車道上での一時停止をもとめているから誤り。

歩道上ではやりますがね。

 

流石に車道上ではねぇ。

 

問題48

道路の左側部分の通行の原則に対する特例(道交法第17条)として車両が道路の中央から右側部分にその全部又は一部をはみ出して通行することができる場合を上げたが誤りは?どれ?

 

1   一方通行の道路では、反対方向から通行してくる車両が全く無い事から他に定める通行区分を侵さない限り道路のいずれの部分でも通行することができるよう規定している。

 

2  道路の左側部分の幅員は本来通する車両幅よりも狭い場所をいう。

 

3  道路の損壊その他の理由 によって道路の一部の幅員が狭くなり結果的に上記②のような状態にある場合である。

 

4  道路の左側部分の幅員が10㍍に満たない道路において他の車両を追い越そうとする時

 

5   公安委員会が道路の区画と通行の方法を指定した場所に置いて、その指定に従って通行するとき

 

解答

4

 

これなら、はみ出さないよね。広いもん。

正解は6㍍に満たない道路においては右側にはみ出して追い越す事ができる。

 

今回は真面目に実直に問題のみ!

では