碧音papa’s BLOG

一回受けて落ちたから判る資格対策や、一度働いたからこそ判る職業の実情、他にも日常会話でサラリと使えたら格好いい慣用句や、目指せ自炊で月一万円‼️‼️など 後は日々の些末で不幸な出来事……………要は雑記ブログですね。長文失礼しました↓↓↓↓↓

【資格取得】交通誘導警備業務検定2級

f:id:aotopapa:20190419131026p:plain

難しい・・・・でも、もう悩んでらんない

はしがき

今週末、選挙と交通誘導警備業務検定がかぶってます。

不在者投票も仕事でいけず・・・・やむを得ず。

すみません。今回は選挙権を行使できません。ネットでできたらいいのに。。。

懈怠ですね。。。私はいつも懈怠という言葉が頭の縁にある。

多分、自分自身 無意識で日頃から言い訳を作って脱!懈怠と思いたいんだろう。

でも、どー贔屓目に見ても懈怠です。今年の私のテーマは懈怠。良くも悪くも。

 

過去問100題チャレンジ

問題57

携帯用無線機の機能と操作要領について誤りは?

  1. 無線機は通話時間が3分以内と定められているので通話時間が3分を超えると警告音が鳴り自動的に終了する仕組みとなっている
  2. 通話距離は市街地・郊外で異なり又、使用場所や立地状況によっても異なるが目安は300~500㍍で郊外だと1,000㍍~2,000㍍程度である
  3. メーカー・機種により充電式と電池式があるので取説を読み電池切れを予防し予備電池も携帯する。
  4. 無線機の機能・使い方を十分理解したうえで簡潔明瞭に内容を整理して伝える
  5. 事故等にあっても冷静に平素から事案を想定した使用前の練習を欠かさない

解答

2 それぞれ100~200 と 500~1000なので。

意外と、届くんですね、それでも。一㌔って結構届く・・・。

 

問題58

携帯用無線機の留意事項で誤りは?

  1. 頭切れが無いよう、又相手側の受信に考慮し送信スイッチを押して1~2秒待って通話する
  2. マイクは口から5~10センチ離して普通の大きさの声で話し通話速度は日常会話程度を基準とする
  3. 基本用語はあらかじめ決めておき通話前にコールサインを決める
  4. 呼び出し・聴取を確実に実施し応答遅延や受信漏れが無いよう理解したことを反復する
  5. 呼び出しても応答がないときは30秒待って再度応答し、それでも応答がないときはまた、30秒待つと・・これを繰り返す

解答

5 いたずらに繰り返さない。

 

問題59

交通誘導警備業務の基本的な心構えで適切でないものは?

  1. 信号機や警察官など道交法を順守し車両・歩行者の誘導を行う
  2. 歩行者・車両の誘導を適正に実施し工事関係者・警備員自身の10受傷事故防止に努める
  3. 服装に配慮し清潔・端正に努め心身ともに健康な状態で交通誘導を行う
  4. 複数の警備員で行う場合、事前に工事用車両の特色・誘導位置・方法を確認しそれぞれの場所の交通状況を優先した事故周辺の交通の円滑を図る
  5. 周囲の騒音等のために合図だけでは伝わらない場合、警苗や拡声器を積極的に活用する

解答

4 連携しスキのない誘導に努めるので。そりゃそうだ。

 

問題60

基本的な心構えで誤りは?

  1. 交通誘導はあくまでも相手方の自発的な協力に基づいて行われるので懇切・丁寧な態度で接し協力を得ることが大切
  2. 誘導姿勢に気を付け、ゆっくりと大きな動作で合図を行い的確な誘導を行う
  3. 交通状況を適宜把握し一般車両に迷惑をかけないよう工事車両を優先する誘導は慎み安全かつ円滑な交通誘導に努める
  4. 交差点なのどの交通量の多い場所では複雑なので十分な打ち合わせとともに管轄の道路管理者に相談し具体的な指導を受ける
  5. 騒音で合図だけでは伝わらないときは警苗・拡声器を使用する

解答

4 道路管理者ではなく警察に相談。 道路管理者だと市や区や国に相談することになる

 

問題61

合図を実施する位置選定の基本的な心がまえについて誤りは?

  1. 道路工事現場内で保安柵の内側又は歩道が設けれている道路にあっては歩道上で行う
  2. 警備員の存在が容易に確認できる位置で誘導する警備員も周囲の交通が把握できる位置で行う
  3. 機敏に動くことが出来、通行車両による危険を避けることのできる位置
  4. 交差点や曲がり角では外輪差を考慮した位置で行う
  5. 重機は急旋回・急前進、後退をするので特性を把握し危険範囲に入らないように

解答

4 内輪差も考慮するので。これはパターン化。

 

問題62

位置の選定にあって適切でないものは?

  1. 機敏に動くことが出来、通行車両から危険をよける位置で行う
  2. 夜間、照明を背にした場合は光源で警備員の存在が見えなくなる場合にあるのを留意する
  3. 重機の特性を把握し危険範囲に入らないように位置選定する
  4. 交差点の曲がり角などで誘導する場合内輪差を考慮した安全な位置で行う
  5. 交通誘導時には夜間チョッキを着用するとともに警備員の存在が通行する車両のライトによって良くわかる暗い位置を選定して行う

解答

5 よくわかる 明るい位置ですよね。勿論。

 

問題64

誘導上の留意点で適切でないのは?

  1. 交互通行を行う場合、支障がない場所でかつ、工事に影響がない位置に停止を求める
  2. 一般車両や歩行者の通行の妨げにならないよう交通の間隙を縫って行う
  3. 停止を求める場合、出来る限り道路の左側端に沿って停止を求めるよう誘導する
  4. 停止を求めた車両に対する停止合図は、発信迄継続し発信する場合は運転者が自分の方を見ているか確認してから発信させる
  5. 片側交互通行を行っている場合は反対方向から車両が確実に停止したことを確認してから発信させる。

解答

4 進行方向の安全を確認してから!残りは全て正解。2なんか怪しいのに。。。正解みたい

 

まとめ

いや、ペース配分!

もう時間ないのに初見の問題ばっかり・・・やばい。。