碧音papa’s BLOG

一回受けて落ちたから判る資格対策や、一度働いたからこそ判る職業の実情、他にも日常会話でサラリと使えたら格好いい慣用句や、目指せ自炊で月一万円‼️‼️など 後は日々の些末で不幸な出来事……………要は雑記ブログですね。長文失礼しました↓↓↓↓↓

ガードマン落ちた人だから語れる確実に一発で取得する方法2⃣【交通誘導警備検定2級】

f:id:aotopapa:20190425140737j:plain

うわぁーー本気の方々だぁ。。。素人の私が取れるんだろうか??

はしがき

最初はビビりましたよ!だって受講生全員私以外本職ですからね!

でも、受講していくにつれその不安は払しょくされました。なんか恐らく実際の警備業務とここでやる警備業務ってリンクしていないみたい・・・・。だからスタートラインは、ど素人だろうが現役のガードマンだろうが横一線でした!

服装は私服で問題ありません。。でも、実際の試験の時は作業着か、ジャージ等動きやすい服装で・・・と講師からアナウンスされましたので、その辺は配慮をもって。。

実際 真に受けてジャージで来たら講師陣の印象も悪いだろうし、袖口がほつれていないキチっとボタンで締められるような節度ある服装の方がよいです。講師陣からそれで檄を飛ばされている方も実際に居りましたんで・・・。ww。

 

1素手による工事車両の更新誘導要領

f:id:aotopapa:20190425141555j:plain

馬鹿みたいに真面目に受けてたんですよ。。。だから書き込みの数が沢山・・・・実際は筆記テスト一択ですからね!実技ではよっぽどのことが無い限り受かります!!
  • まず、この書面の実技を行います。最初見たときは なんじゃこりゃ? と訳が分からなかったのですが大丈夫です。一分もガードマンを経験してない私が完璧にこなせたんで・・・一分もしてない。本当に。では、説明していきます。

まず、この実技動作の説明から。これは工事現場近くの二車線道路を工事中のため、片側交互通行に規制している最中に工事車両を作業現場内へ交通量の多いさなか、バックで入れたいので私たちが誘導するといったシミュレーションです。

では、以下に箇条書きで実際に実技試験で出たポイントを元に動作説明をしていきます!実際に大きな声で発声し動作もキビキビ行うんですからね!受講者である私たちが・・・。イメージしながら読んでください!

    1. 開始位置にて気を付けの姿勢で待機します。ここの位置の目安ですが、奥に5個並んでいるカラーコーンの左から一つ目と二つ目の間位の線と、それらに垂直に並んでいる2個のバリケードの手前側のバリケードの受講者から向かって左側の側端の線の交点が目安位置です。実際にこの図面でも人が立っている位置はおおよそこの目安位置になってます。で、向きは書面右側にあるクルマの方を向きます。そこに試験官が立っています。最後のポイントが指先です。気を付けの姿勢なんで指先の五指が全て真っすぐにピンと張っておりズボンの縫い目に沿うようなイメージで手指を体に付けます。ここまでが開始前の準備です。!
    2. 次に講師陣から「〇〇。~~◇◇はじめ!」と早口でゴチャゴチャいわれるので取り合えず はじめ! と言われたら私たち受講生が大声で「実施します」といい、その場で左向け左をします。
    3. 首を車の方とその逆の方になんどか左右警戒しているテイで振ります。すると講師が無線機で連絡しているテイで工事車両きたよ!的なことを言いますので私たちは直前に貸与された無線機で右手親指で無線機側面の通話ボタンを押しながら無線機自体を横に傾けて通話口から5~10センチ離したところで「工事車両到着。誘導の件、了解」と左右警戒で首を左右に動かしたまま発声します。言い終えたら無線機から手をはなし一旦気を付けの姿勢に戻ります
    4. そこから半歩左向け左?斜め左向け左?ま、言い方は様々ですが向かって斜め左にある奥側のカラーコーン側のバリケードを移動するのでその方向に向きを変えます。この時もダラダラ流れるように行動しないでピッと行動します。
    5. で、奥のバリケード迄来たら両手でバリケードの上端部のパイプを握るのですが順手と逆手で持つこと!順手同士はダメみたい。。逆手同士で持つ人はまずいないですよね・・・。で、持ったら腰の位置まで引き寄せてそれからカラーコーンまで移動します。「1個目と2個目のカラーコーンに平行に置く」
    6. 置く時を一旦止まってカラーコーンにかかっているコーンバーに付くぐらい近い位置に置きます。置いたら気を付けの姿勢で、ここは回れ右とかはせずに来るっと反転し隣のまだ動かしていない方のバリケードまで移動します。
    7. で、またここでも順手・逆手で持って腰の位置まで引き寄せたら次は車両の右側に路側帯を模したトラロープが設置されていますのでそこの仮路側帯から1㍍ほど離れた手前にバリケードを設置します。理由はここの仮路側帯とバリケードの間をコレから私たちが後進誘導時に通るからです。狭いと減点対象になるみたいなこと言ってましたけど、実際には受かってんだから、0.1点とかの減点なんでしょうねぇ。バカくさ。。
    8. 両方のバリケードを移動し終えたら元々バリケードが設置されていた場所の丁度中間の位置とカラーコーンの一番左の交点あたりに気を付けの姿勢で立ち、書類の右側にある車の方向を向き下から右手の人差し指を徐々に肩と水平になるまで上げていき「後方良し」と発声します。そして右向け右で腰に手を当てて書面向かって左側にある仮工事車両の所迄ダッシュします。ここのポイントは路側帯の右側に沿って走ることです。勢いあまって路側帯を超えて走ってた受講生もいますが、それでも受かってたんで何とも言えませんが減点は減点らしいです。はい。
    9. 工事車両の横迄来たらまず、気を付けをし右向け右。で上体を車の運転手さんと目が合うように斜めに傾けて「行進誘導 を 行います」と発声し気を付けの姿勢から再度右向け右で腰に手を当てて車両広報やく5㍍まで進みます。この時のポイントはカラーコーンと車輛の間隔が約10㍍だから、その中間くらいで止まればよいと講師は言うのですが私の感覚からすると、それでは後の動作がタイトになり慌ててしまうので気持ちもう1~2歩車両から離れた方が気持ちに余裕ができます。
    10. その位置まで来たらまた左向け左をします。ココで警苗を咥えます・・・・ん?警苗?と思ったそこのあなた!そうです。警苗って必須なんですって!でもどこにも書いてないし、受付したところに聞いた時も全く言ってくれなかった・・・なんで、私は持ってなかったので口<クチ>で言わされました・・・wwピーッ ピーッって。かなりダサかったです。ですので、受講時までに買いましょう、私は700円位のヤツを買いましたが普通に良かったです。100均などでもあるらしいですが、やはり100均は100均ですね、練習時も試験時も音が掠れたり、変調したり、出なかったり・・・もうボロボロでした。なので私は途中で変えました。これからも使えるので700円位のモノを買った方がいいです。

item.rakuten.co.jp

  1. あれ、リンク貼ったらまた、一からになってしまいました。。ま、続きですので悪しからず。 で警苗をくわえたら次に頭だけ右側に向いて後方を確認。
  2. 次に後方の安全が確認できたら、そのまま右手を肩の位置まで真っすぐ伸ばしたままあげます。この時の手のひらはチョップの形です。天に向かって手のひらが来ないように。五指もそろえて。。
  3. 次に左側を頭だけ向いて次は左手を肩の位置まで水平に上げます。この時の手のひらは天に向かってあげます。
  4. で、いよいよ誘導します。ピーッ・ピツ。と長音 短音のリズムで繰り返し吹きます。それとリンクさせて左手を肘から上だけ顔の方に折り曲げます。で、更に足も左足を行進誘導方向に進めるのですがココでポイント。手を折り曲げるときには顔だけをリンクさせて足はそのまま残します。で、左手と顔を誘導車輛の方に戻した時に足を行進方向へ進めます。次からは左手を肘から折り曲げ、顔も右側の後進する方向を向いて更に右足も前に進めます・・・実際にこればっかりは動いてやってみないとナカナカ文章だけ、頭の中だけでは理解しがたいです。で、このまま10㍍ほど進みます。ちなみにここまでで書面の項目は④~⑤の間位です。
  5. 書面の⑤の位置に来た時点で一旦気を付けをし左向け左で後進車輛に体を正対します。そこで次に右手を垂直に上げてバイバイするかのように左右に振ります。この時は本当にバイバイしては格好が悪いので肘を曲げず真っすぐに天に向かって伸ばし左右のふり幅が30㌢くらいになるようにします。
  6. で、車がノロノロきますので1.5㍍位まで近づいたところでピーーーっと吹いて⑤の目の前にあるカラーコーン【このカラーコーンは壁という設定らしい】の所に車両のケツが付く瞬間にピッと吹いたと同時にバイバイしていた右手を真横に伸ばしたまま下します。
  7. で、ここで警苗をしまい。気を付けの姿勢から腰に手を回して駆け足で後進誘導した車両に向かいまた、右向け右。
  8. で、上体を運転手と目が合う位置まで傾け一言。「誘導終了しました。」 先ほどから出てくるこの文言は基本的に一語一句間違ったりオリジナリティを加えたり丁寧な言い回しにしてもダメ見たいです。あくまでテンプレなのでこのまま覚えて!と言われます。
  9. で、気を付けの姿勢から左向け左でバリケードを戻します。ここまでで書面の⑥です。あと、もう少し!
  10. で、バリケードは設置した時とは逆の手順で戻します。また、順手 逆手で腰まで引き寄せてカラーコーンの左側端に合わせておきます。要は最初にあった位置ですね。
  11. で、戻し終わったらバリケードの中間の位置で気を付けをしてまた、右手人差し指を下から下方斜め45°くらいの位置までなめるように持っていき「閉鎖良し!」と発声し、気を付けの姿勢から左向け左→駆け足で講師の位置まで戻り→左向け左で講師に正対し、最後の一言。
  12. 「終了しました」とい発生したら講師が「やめーー」とお笑いコンビ トムブラウンを彷彿とさせるような言い方で言ってきます。ここで終了です。

まとめ

如何でしたか?最初はむずっ!と思うかもしれませんが。実際やれば案外たいしたことないんですよ だって、ど素人の私が完璧にできたくらいですから。。。このブログみたいのがあれば私もあそこまで緊張せずに、臨めて一発で受かったのになぁと後悔してます。 最初にも言いましたがアクマで実技で落ちる人はほぼいません。なんで、そこまで前のめりで覚えようと必死になる必要はありません。なんせ筆記試験が最大にして唯一の難関ですから。みなさんは其処に重点をおいた行動をとりましょう。でも、この流れは頭の中で軽ーく覚えておくだけでも精神衛生上違いますから、一読してください。

次回のブログでは、実技2 二次災害防止要領のポイントを解説しまーす!

では。